錦江湾学習会第2回フィールド講座「魚類標本庫へ行ってみよう」参加者募集♪

\ フィールド講座「魚類標本庫へ行ってみよう」参加者募集 /

第2回目の錦江湾学習会は、なぎさミュージアムを飛び出して鹿児島大学総合研究博物館の魚類標本庫へ行きます!

講師は鹿児島大学総合研究博物館館長の本村浩之先生です

博物館にはたくさんの生物の「標本」が保管されています。
「標本」はどうして必要なのでしょうか?
生物の名前はすべて「標本」に基づいて付けられています。

鹿児島大学総合研究博物館には約15万点の魚の標本が保管されています。
これらの標本からがどんなことがわかるのでしょうか?
標本はどうやって作るのでしょうか?
本村先生に解説して頂きます♪

また、普段は公開されていない魚類標本庫の見学をおこないます。

さらに!実際に魚類の標本づくり体験もおこないますよ♪

この貴重な機会に、ぜひご参加くださいませ!

講師:鹿児島大学総合研究博物館
館長 本村 浩之氏

日時:令和元年7月27日(土)10:00~12:00

場所:鹿児島大学総合研究博物館

参加費:1人2,000円

定員:15名(中学生以下は保護者同伴でご参加ください)

お申込み・お問い合わせ>重富海岸自然ふれあい館なぎさミュージアム

参加ご希望の方はメッセージをお送りください。
またはお電話、メールにてお名前・お電話番号・参加人数をお知らせくださいm(_ _)m

TEL:0995‐73-3146
MAIL:sanka@kusunokishizenkan.com